フラット35に借り換える時は団体信用生命保険に注意!

住宅ローンの借り換えをするにおいて借り換え先の金融機関はいろいろありますが、その中でフラット35というものがあります。

フラット35とは最長35年間の長期固定金利の住宅ローンのことで、住宅ローンを利用する際に総返済額を算定することができるので利用しやすいと言えます。

また金利変動リスクもないので必要以上に総返済額が多くなってしまうということもないので無難な住宅ローンであると言えます。


そして住宅ローンの借り換えをする場合においてもフラット35を利用することができます。

ただフラット35に借り換えをするにおいて注意をしておかなければならない点があり、それは団体信用生命保険についてです。

団体信用生命保険とは住宅ローンを利用している人が亡くなってしまったり、重度の病気にかかってしまった場合に保険が適用されて住宅ローンを全額返済をしてくれる制度のことを言います。

そしてフラット35に借り換えをした場合は現在の住宅ローンを組んだときに加入していた団体信用生命保険は終了してしまい、また新しく団体信用生命保険に加入しなければなりません。

そして保険料は基本的に年1回支払うことになり、その額は残債の額を考慮して決められることになります。






同じカテゴリーの最新の記事

  • フラット35に借り換える時は団体信用生命保険に注意!

    住宅ローンの借り換えをするにおいて借り換え先の金融機関はいろいろありますが、その中でフラット35というものがあります。 フラット35とは最長35年間の長期固定金利の住宅ローンのことで、住宅ローンを利用する際に総返済額を算定する...


  • 住宅ローンの借り換えに必要な手数料を比較!

    住宅ローンの借り換えをするにおいていろいろな手続きをする必要があるので手数料がかかってきます。 そのため住宅ローンの借り換えをしたほうが得になるか否かは現在利用している金融機関と借り換えようとしている金融機関の返済額を比較する...


  • 住宅ローン返済期間中の安心のために疾病補償内容を確認しよう!

    住宅ローンの借り換えをした場合でも新しく利用する金融機関に月々決められた金額を返済していく必要があります。 そして基本的に住宅ローンを利用してお金を借りている人は、定職についていて安定した収入がある人なので、返済をしていくのに...


  • 住宅ローン借り換え諸費用を抑えたいなら保証料に注目!

    人が自分が住むための住宅を購入する場合、住宅の購入資金を融資してもらうために金融機関で住宅ローンを組むことができます。 住宅ローンを組むことができる金融機関はいろいろあり、条件も違うので利用する金融機関によって返済額が変わって...