住宅ローンの借り換えに必要な手数料を比較!

住宅ローンの借り換えをするにおいていろいろな手続きをする必要があるので手数料がかかってきます。

そのため住宅ローンの借り換えをしたほうが得になるか否かは現在利用している金融機関と借り換えようとしている金融機関の返済額を比較するだけでなく、手続きに必要な手数料を考慮して判断する必要があると言えます。


そして住宅ローンの借り換えに必要な手数料としてまず借り換え先の金融機関での住宅ローンの契約にかかる手数料があります。これには契約書に貼る印紙代や事務手数料があり、数万円かかってきます。

それから登記費用も必要になり、現在利用している金融機関の設定した抵当権を抹消して借り換え先の金融機関の抵当権を設定する手続きが必要になってきます。

そのため登記事務をする司法書士に対する手数料や登録免許税など合わせて数十万円の手数料がかかってきます。

その他にも現在利用している金融機関に繰り上げ返済をすることになるのでその手数料が数千円から数万円かかってきます。


そして借り換え先の金融機関を選ぶにあたって登記費用は基本的にそれほど差はないのですが、契約手数料は金融機関によって違ってくるので、このことを考えて借り換え先の金融機関を選択するといいでしょう。






同じカテゴリーの最新の記事

  • フラット35に借り換える時は団体信用生命保険に注意!

    住宅ローンの借り換えをするにおいて借り換え先の金融機関はいろいろありますが、その中でフラット35というものがあります。 フラット35とは最長35年間の長期固定金利の住宅ローンのことで、住宅ローンを利用する際に総返済額を算定する...


  • 住宅ローンの借り換えに必要な手数料を比較!

    住宅ローンの借り換えをするにおいていろいろな手続きをする必要があるので手数料がかかってきます。 そのため住宅ローンの借り換えをしたほうが得になるか否かは現在利用している金融機関と借り換えようとしている金融機関の返済額を比較する...


  • 住宅ローン返済期間中の安心のために疾病補償内容を確認しよう!

    住宅ローンの借り換えをした場合でも新しく利用する金融機関に月々決められた金額を返済していく必要があります。 そして基本的に住宅ローンを利用してお金を借りている人は、定職についていて安定した収入がある人なので、返済をしていくのに...


  • 住宅ローン借り換え諸費用を抑えたいなら保証料に注目!

    人が自分が住むための住宅を購入する場合、住宅の購入資金を融資してもらうために金融機関で住宅ローンを組むことができます。 住宅ローンを組むことができる金融機関はいろいろあり、条件も違うので利用する金融機関によって返済額が変わって...