金利を比較して住宅ローンの借り換えメリットを知ったBさんの体験談

アベノミクスの影響により今年に入ってから銀行の金利があがるのではないかという見方が強まっていました。

金利が上がれば、私たちの家計に直接大きな影響を及ぼすので、経済雑誌を読みながら住宅ローンの借り換えの検討も視野に入れてきました。


一番初めに地方銀行での借り入れだったために大手の銀行と比べると、少し金利は高めに設定されていました。そこで借り入れを行った場合にどれくらいの金額でメリットがでるのかを調べました。

自分が思っていた以上にメリットが出るので、借り換えを前向きに進めました。

ここで注意しなければならないのが、約60万円ほど借り換えには費用がかかります。

その分を差し引いてもメリットが出るようなら、借り換えをオススメします。

借り換え金額がまだ多額残っており、返済期間も長い方がこの条件に当てはまってくると思います。

逆にそうでない方は借り換えをしてもメリットが出にくいので、無駄手間になっていしまいます。

私はそこから結局地方銀行との交渉になり、大手の金利より少し高い設定で継続という形になりました。

少し高いのは60万を考えてのことだと思います。

こういった金利を下げてくれるケースもあるので、一度は検討してみるとよいと思います。






同じカテゴリーの最新の記事