住宅ローン借り換えの注意ポイント

住宅ローンの総返済額を少しでも減らすために借り換えをする人も多いですが、借り換えをするにあたってはいろいろ注意する事項があります。

まず借り換えをするにあたって、契約をする時や抵当権設定の登記をする時などに費用がかかってきます。

そのためその費用を支払っても借り換えをしたほうがメリットがある場合に借り換えをするのが大切です。

次に借り換えをしようとしている金融機関の他の金融商品のサービスを利用することによって金利が優遇される場合があるので、その場合は借り換えを利用しようとしている金融機関に金利優遇の条件を聞いておくということです。

それから借り換えだけでなく新規の融資を受ける場合にも言えることですが、自分の収入や生活状況などをしっかり検討してから利用する必要があります。

なぜならこれらのことを考えずに新規の融資や借り換えをしてしまうと後々苦労することになるからです。

さらに複数の金融機関で住宅ローンを組んでいる場合にはなるべく一つの金融機関にまとめてしまったほうがいろいろな面で便利です。

その他にも住宅ローン減税を受けている場合には借り換えをすることによってどうなるのか事前にしっかりと確認をしておきましょう。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 返済期間短縮型の借り換え効果・メリット

    住宅ローンの借り換えをする場合に一つは毎月の総返済額を少なくすることができる返済期間軽減型がありますが、もう一つに住宅ローンの月々の返済額は少し多くなってしまうのですが、返済期間を短縮することができる返済期間短縮型があります。 ...


  • 返済期間軽減型の借り換え効果・特徴

    住宅ローンの借り換えをする時とは借り換え先の金融機関の住宅ローンを利用したほうが総返済額を少なくすることができるなど自分にメリットがある時ですが、住宅ローンの借り換えの一つに返済期間軽減型というものがあります。 返済期間軽減型...


  • 借り換えると今の保険はどうなるの?

    住宅ローンを組んで融資を受ける場合には火災保険や団体信用生命保険などいくつかの保険に加入することになるのですが、住宅ローンの借り換えをすることによって現在加入している保険はどうなってしまうのかという疑問を持つ人も少なくありません。 ...


  • 借り換えに担保や保証人は必要?

    住宅ローンの借り換えは借り換え先の金融機関から融資を受けて、その資金で借り換えをする前に利用していた金融機関の住宅ローンを完済することによって、住宅ローンを利用する金融機関を変更をすることです。 そして住宅ローンの借り換えをす...


  • 住宅ローンの繰り上げ返済とは?

    住宅ローンを支払う時に考えることは少しでも総返済額を少なくするということですが、そのために住宅ローンの借り換えをするという方法があります。 しかし住宅ローンの総返済額を少なくする方法は住宅ローンの借り換え以外にも繰り上げ返済を...


  • 借り換えに適したタイミングっていつ?

    住宅ローンを借り換えをすることによって現在利用している金融機関に支払う総返済額よりも借り換え先の金融機関の支払う総返済額のほうが少なければ、総返済額を減らすことができます。 そのため少しでも住宅ローンの総返済額を少なくするため...


  • 借り換えに必要な諸費用とは?

    住宅ローンの借り換えをするためにはいくつかの手続きをすることになるので、手続きに必要な費用がかかってくることになります。 そのため住宅ローンの借り換えをするにおいて、あらかじめどの程度の諸費用がかかってくるのかを計算をしておく...


  • 借り換えの融資条件とは?

    住宅ローンの借り換えをするためには借り換えようとする金融機関に対して借り換えのて続きの申し込みをすることになるのですが、金融機関側としても無条件で借り換えの手続きをしてくれるというわけではありません。 なぜなら全く収入がない人...


  • 借り換え時の金利タイプはどれを選べばいい?

    住宅ローンを借り換えをする目的は現在利用している金融機関を変更することによって総返済額を少なくすることができることです。 そして総返済額を少なくするためには低金利の金融機関で住宅ローンを利用することがあげられます。 その...


  • 住宅ローン借り換えで返済額にメリットがでる条件とは?

    住宅を購入する際に組んだ住宅ローンを現在利用している金融機関から他の金融機関に変更することを住宅ローンの借り換えと言います。 なぜ住宅ローンの借り換えをするのかというと、金融機関によって利息や支払条件などが違ってくるので利用す...